サロンでのセルフホワイトニングはどんなふうに進められるの?

テレビや雑誌などでセルフホワイトニングが取り上げられるようになり、認知度はどんどん高まっているようです。
当サイトでは自宅で自分でできるセルフホワイトニングキットのビースマイルを紹介していますが、専用のサロンで行うものもセルフホワイトニングといいます。

 

一般的に歯医者さんで行うホワイトニングですと「過酸化水素」を使った歯の漂白をします。これをオフィスホワイトニングといいます。
これに対し、自宅で行うセルフホワイトニングのようなことをサロンでやってもらうのがセルフホワイトニングです

 

また歯医者さんで型をとってもらって自宅で行うホームホワイトニング(セルフホワイトニング)もあります。

 

 

「サロンでやってもらうのにセルフって何?」と私も初めはこんがらがってしまっていたのですが、歯科で行う場合は歯科医や歯科衛生士が行うのでいいのですが、歯医者ではないホワイトニングサロンで行う場合は法律で体に触れることは禁止されているため、受付や指導はスタッフがやっても薬剤を塗ったりするのは自分でやらなくてはいけないんですね。
なのでサロンでやってもセルフという名前が付きます。

 

 

でも実際にはまだサロンでのセルフホワイトニングに行ったことのある人はまわりにはあまりいないのではないでしょうか?

 

ではこのサロンでのセルフホワイトニングはどのような流れで行われているのかを解説したいと思います。

 

(自宅で行うビースマイルのセルフホワイトニングと比べてみてくださいね!)

 

 

 

サロンでのオフィスホワイトニングの一連の流れ

 

オフィスホワイトニングはサロンによって順序は様々ですが、過酸化水素を使わないホワイトニングの場合は大まかな流れは以下のような感じです。

 

 

 

まずサロンのシステムとホワイトニングについての説明、そして歯の状態などのカウンセリングを受け、その後同意書にサインをします。
  ↓
また、ホワイトニングをした後にどれだけ効果があったかを調べるため、自分の歯の色をサンプルと見比べて確認します。
  ↓
その後歯磨きをして、歯の表面に付いた歯垢や汚れを取り除き、効果を高めるために水分も拭き取ります。
  ↓
ここまでで準備が整い、いよいよホワイトニングの段階に入ります。
  ↓
まず、歯の表面にまんべんなくホワイトニングのための薬剤を塗ります。
  ↓
薬剤が塗れたらサングラスをかけ、歯にLEDを照射します。
  ↓
その後、口をゆすいだり歯を磨いたりして薬剤を落とします。
  ↓
そして、この薬剤を塗り、照射し、薬剤を落とすという段階を、数回繰り返します。
  ↓
最後に口をゆすぎ、歯を磨いて薬剤を綺麗に落として終わりです。
  ↓
終わったら施術前の歯の色と、施術後の歯の色を見比べて、どれだけ白くなったか効果を確認します。

 

 

これが一般的な過酸化水素を使わないオフィスホワイトニングの流れです。
過酸化水素を使うホワイトニングの際は流れも変わってきます。(効果的な分かなり危険度も高くなりますので)
過酸化水素を使う場合はまた別のものだと思っておきましょう!
ちなみに・・
・過酸化水素なし
→ 表面の汚れを落として歯本来の色に戻すもの
・過酸化水素あり
→ 本来の色以上に白く漂白していくもの
という違いがあります。

 

 

 

ビースマイルと同じ!

というのがホワイトニングサロンでの施術なんですが、

これってよく見るとビースマイルと同じなんですよね。

 

過酸化水素(漂白剤)を使ったホワイトニングは自宅ではできませんが、こちらの場合は薬剤やLEDライトが本格的なものであるというだけで、流れは全く同じなのです。
またサロンでもホームホワイトニング(セルフホワイトニング)といって、サロンでマウスピースの型を取り、自宅で自分で行うものもあります。
これなどはまさにビースマイルと同じことなのです!

 

 

だいたいの所要時間と持っていくもの

 

所要時間はサロンにもよりますが、大抵初回はカウンセリングや書類の記入などを含めて1時間程度で終わります。
2回目以降は施術のみになりますので、30〜40分程度で済みます。
持っていくものですが、普段自分が使っている歯ブラシと歯磨き粉があると良いでしょう。
しかし、サロンは気軽に寄れるように、使い捨ての歯ブラシと歯磨き粉を用意しています。
自分の歯ブラシでなくてもかまわないのであれば、手ぶらでいっても大丈夫です。
所要時間も少ないですし、準備するものも少ないので、ちょっとした空き時間に手軽に寄るこもできます。

 

 

ビースマイルの場合はLEDライトが自動で切れるまでは10分。
その前後の薬剤を塗る時間、歯磨きの時間を入れると約15分くらいでしょうか。
自宅で行うので移動時間や待ち時間はもちろんありません。

 

サロンで行うセルフホワイトニングも手軽でいいですが、行くだけで面倒という方にはやはりビースマイルが一番いいんじゃないかな!と私は思います。

 

 

セルフホワイトニングの料金はどのくらいかかるの?

 

ホワイトニングと言うと「高い」というイメージがある方も多いと思いますが、最近は安くて手軽にできるホワイトニングが増えてきました。

 

 

セルフホワイトニングの費用・価格は?

 

お金

歯医者さんで行う過酸化水素を使ったオフィスホワイトニングは、見た目を良くする美容に分類されるため保険適用外になり高額です。

それで、歯医者さんよりも価格が安いセルフのホワイトニングに、近年注目が集まっています。

 

歯科医師は、過酸化水素という薬剤を使い、歯を溶かしながら漂泊するという、プロの手による医療行為なので、また様々な機材や薬剤が必要なため費用が高くなります。

 

それに対し、セルフホワイトニングは、酸化チタンやメタリン酸ナトリウムなどの安価な薬剤が使われます。
器具も医療器具ではない照射器具のみで、セルフホワイトニングと言うだけあって自分自身で施術するため、人件費も受け付けや案内の人の分だけで安くつきます。
一般的に、歯科ホワイトニングが一回数万円かかるのに対し、セルフホワイトニングは一回数千円で済みます。
3000円〜5000円くらいのサロンが多くなっています。

 

効果はやはり歯科ホワイトニングの方が高いですが、セルフホワイトニングも数回繰り返し通う事で高い効果を得ることができます。
またホワイトニングは一定期間が過ぎると効果がなくなり、またホワイトニングをしなければならなくなるため、長く続けていくにはセルフホワイトニングが経済的です。

 

 

 

セルフホワイトニングのサロンを比べるには

 

最近ではセルフホワイトニングのサロンが増えてきて、価格やサービスが様々です。
もちろん生きやすい立地にある所や、お店の雰囲気などで選ぶ方もいると思いますが、一番は対費用効果が高い所に行きたい事でしょう。

 

ではセルフホワイトニングサロンは、どのように選ぶのが良いのでしょうか?

 

セルフホワイトニングは光を照射して歯を白くしますが、基本的に照射時間が長ければ、高い効果が得られるものです。
それで一回の価格と、一回の照射時間がどれくらいかを見比べるとどこが安くサービスを受けられるかが分かります。
その辺をチェックしながら選んでいくといいと思います。

 

口コミや評判などもチェックしたいですね。