セルフホワイトニングは確かに最近増えてきました。
セルフホワイトニングのメリットとデメリットについて簡潔に検証してみます。

 

これまでのホワイトニングとどう違うのでしょうか?

 

 

【デメリット】セルフホワイトニングでは芸能人のようにはなれない

 

歯科でのホワイトニング

セルフホワイトニングの根本的な考え方は、歯の表面に付着した汚れを落とすというものです。

 

それに対し、歯科医院でのホワイトニングは、汚れを落とすとともに歯を漂泊して、真っ白にする方法です。

 

それでアナウンサーや芸能人の方のような、真っ白な歯にしたいと思っている場合、セルフホワイトニングでは満足できないことでしょう。

 

セルフホワイトニングのデメリットを挙げるとしたら、この白さの度合いの点が挙げられる事でしょう。

 

しかし、真っ白にはならなくても表面の汚れを落とし、本来の歯の色に戻す事は十分にできます。
大半の方は、歯が真っ白なのは不自然なので、自然な白さを手に入れたいと思っているはずです。
その点では、セルフホワイトニングに軍配が上がります。
大切なのは、自分がどの程度の白さになりたいか、その白さに到達するためには、歯科医院かセルフかどちらが自分に合っているかを良く知ることです。

 

【メリット】セルフホワイトニングを選ぶ理由

セルフホワイトニングには、他にも沢山のメリットがあります。
何といっても最大の魅力は価格が安い事にあります。

 

歯科医院と比べると、場合によっては10分の1程度の金額でホワイトニングができます
ホワイトニングは数カ月〜1年に一回程度続けていく必要がありますから、価格が安い事は続けやすさに直結します。

 

ビースマイルホワイトニングキットでしたら初回は4,800円、2回目からはジェルの追加だけですので2,700円です。

 

 

 

さらに、歯科医院のホワイトニングは強い薬剤を使うため、しみたり痛かったりする事がありますが、セルフホワイトニングではほとんどありません。

 

金銭的な面でも、痛みなどの面でもセルフでのホワイトニングはリスクの低い選択肢と言えるでしょう。
どれくらい白くしたいかにもよりますが、セルフホワイトニングのメリットの多さを考えると、気になる人はぜひ一度試してみるとよいと言えるでしょう。