セルフホワイトニングって痛みはあるの?

セルフのホワイトニングに人気が集まっていますが、痛みがあったりやケガをする可能性などはないのでしょうか?
口の中は傷つきやすく、歯医者さんは染みて痛かったり、削ったりするイメージがあるので心配になりますね。

 

この点について調べてみましょう!

 

 

痛みのあるホワイトニングと痛みのないホワイトニング

 

薬品

ホワイトニングは痛い、しみるというイメージがある方も少なくないでしょう。

 

確かに一昔前までは、ホワイトニングと言うと歯科医での施術の事を指していて、強い薬剤を使うためしみたり痛かったりしていました

 

具体的に言うと、歯科で行われるホワイトニングには、過酸化水素という強い薬剤で漂泊する方法が取られています
この薬剤が歯の表面にあるエナメル質を溶かすことで歯が白くなるのですが、エナメル質が薄い部分や、虫歯で穴があいていたりすると薬品が神経に達してしまう事があります。
そうすると染みるように感じたり、かなりの痛みを感じる事があるのです。

 

しかし、最近主流になってきているセルフホワイトニングは、光の照射によって歯を白くするため、過酸化水素は使われません。
光は強すぎる事はなく、光をあてている口の部分が少し温かいと感じる程度です。
光の効果を良くするため酸化チタンや窒素などを歯の表面に塗ることもありますが、食品にも含まれているような刺激の少ない成分なので染みたりすることもありません。
歯科医で行うホワイトニングのような、真っ白になる効果はありませんが、回数を繰り返す事で効果が高まるため、かなりの白さを得ることができます。

 

 

痛みが苦手、歯医者はどうも苦手という方は、セルフホワイトニングをやってみるといいでしょう。

 

 

セルフホワイトニングの施術は危なくない?

 

セルフホワイトニングは、歯に薬剤を塗って光をあてて洗い流すだけですので、けがをするような事はありません。
光も人体に害のないものですし、サングラスをして目を保護して照射するので心配いりません。
スタッフの言う事を聞いて、きちんとやり方を守れば怪我をする心配はまずないでしょう。

 

完全な自宅用キットのビースマイルホワイトニングキットなどの場合はサングラスも必要ありません。
手軽に気軽にできるものが増えてきています。

 

 

 

自宅でホワイトニングができるビースマイルホワイトニングキットもこの光の照射による安全で痛みのないホワイトニング方法を使っています!