セルフホワイトニング後の食事制限や食事規制はあるの?

ホワイトニングをして歯が白くなっても、いつかは食べ物の色がついていって白さは失われてしまいます。
また歯科での薬剤を使ったホワイトニング直後は、食べるものに注意が必要だと言われています。

 

でもビースマイルホワイトニングキットやホワイトニングサロンでのセルフホワイトニングの場合、しばらく色素の強い食品は食事を制限した方がよいのでしょうか?
少し気になったので調べてみました。

 

 

歯科でのホワイトニングとセルフホワイトニングの違い

過酸化水素水

歯科で行われるホワイトニングには、過酸化水素という薬剤を使用します。
この薬剤は、歯の表面の汚れを落とすだけでなく、ミネラルの膜を溶かしさらに歯を漂泊する目的で使われます。

 

しばらくすれば歯の表面の膜は回復するのですが、それまでに12〜24時間かかるため、それまでは歯に色がつきやすい状態になります。
それで、しばらくは色のつきやすい食べ物を口にしない事が必要です。

 

 

 

しかし、ビースマイルホワイトニングキットなどセルフホワイトニングでは過酸化水素は使用されず、使用される薬剤は歯を漂泊するのではなく、歯の表面のたまった汚れを落とす目的で塗ります。
それでセルフホワイトニングの場合は、ホワイトニング後の食事制限は特にしなくても大丈夫です。

 

直後から何でも食べることができます。

 

 

白さを保つために食生活で意識したい事

歯科でのホワイトニングでも、セルフホワイトニングでも、徐々に歯の白さは失われていきます。
なぜなら、食べ物や飲み物には色素が含まれており、必ず少しずつ色が沈着していってしまうからです。

 

しかし、工夫する事によって、色素の定着を最小限に抑え、白さが長く保たれるようにする事ができます。
何もしなければまたゆっくりと色は戻ってきてしまいます。

 

これらを防ぐために日常できることとを考えてみると・・・まずできる事は、色の濃い物を避けるようにする事ができます。

 

コーラやコーヒー、赤ワインなどの飲み物や、カレー、ブルーベリーなどステインが多く含まれる食べ物がそれに当たります。
また、このような色素の濃い物を食べた後に、できるだけはやく口をゆすぐ事によっても色素の定着を最小限にできます

 

ステインは歯の表面に長い時間触れていることで、定着してしまうからです。

 

しかしいつかは白さが失われてしまいますので、タッチアップと呼ばれる定期メンテナンスをするようにしましょう。
セルフホワイトニングなら、一回の価格はそう高くありませんので、定期的にやっても大きな負担にはならないでしょう。

 

ビースマイル公式

またビースマイルホワイトニングキットの場合は、はじめは1週間で3回くらいの使用が目安ですが、色が白くなってきた場合は週1回くらいの使用で大丈夫です。

この週1回のメンテナンスでずっと白い歯を保つことができます。
コストもこれだとジェルが月に1本もいりません。
2か月で1本でも十分。
月に1,500円くらいでホワイトニングができて白い歯が保てるいうのはとても嬉しいですね。

 

サロンでセルフホワイトニングをした方のメンテナンスとしてもおすすめです。